大阪・内容証明解決センター(行政書士・社労士)

アクセスカウンタ

zoom RSS 内容証明の難しいところ

<<   作成日時 : 2010/03/24 14:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 内容証明の難しいところは、2点あります。

 一つは、内容、書き方です。例えば、金銭の支払い請求の場合、一方的に支払わなければ裁判に訴えると言ってみても、やるならヤッテみいと相手方を居直らせるだけです。当方としても、支払ってくれたら譲歩する用意があることを示す必要があります。例えば、一定の行為をしないとか、利息を免除するとかです。このように、内容証明では、いわばアメとムチの絶妙なバランスが要求されます。

 もう一つは、果たして内容証明を相手方に送付すべきか否かです。例えば、相手方が友人であったり、親族であったりする場合、内容証明を送付することによって従来の仲が壊れる恐れがあります。したがって、まずよく話し合うことです。それで解決せず、かつ従来の仲が壊れてもいいという覚悟があるときのみ、内容証明に頼るべきでしょう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
内容証明の難しいところ 大阪・内容証明解決センター(行政書士・社労士)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる